?

Log in

No account? Create an account

Maxim & Proverbs

My English Lesson


February 15th, 2012

"...failure meant to stripping away of inessential. ... @ 11:13 pm

"So I think it fair to say that by any conventional measure, a mere second year after my graduation day, I had failed on an epic scale. An exceptionally short lived marriage had imploded, and I was jobless, a lone parent, and as poor as it is possible to be in modern Britain without being homeless. The fears my parents have had for me, but I had had for myself, had both come to pass. By every usual standard, I was the biggest failure I knew.

Now I am not going to stand here and tell you that a failure is fun.
That period of my life was a dark one. And I had no idea that there was going to be what the press has since represented as a kind of fairytale resolution. I had no idea then how far the tunnel extended. And for the long time, at the end of the tunnel was a hope, rather than a reality. 

So, why do I talk about the benefits of a failure? Simply because failure meant to stripping away of inessential. I stopped pretending myself that I am anything other than what I was, and began to direct all my energy into finishing the only work mattered to me. Had I succeeded at anything else, I might never have found the determination to succeed in the one arena where I believed I truly belonged. I was set free because my greatest fear has realized and I was still alive and I still had a daughter whom I adored and I had an old typewriter and a big idea. And so the rock bottom has become a solid foundation on which I rebuilt my life. You might not fail on my scale I did, but some failure in life is inevitable. It is impossible to live without failing at something unless you live so cautiously that you might as well not lived at all. In which case, you failed by default."

- J.K. Rowling


そんなわけで卒業式の日から2年たらずで私は世間の尺度で考えられるサイアクの失敗例になってしまったのです。私の結婚生活は超スピードで破綻したし、私は無職で、シングルマザーで、ホームレスを除けば現代のイギリスで最も貧しい貧困者の生活に陥ってしまったのです。私の両親や私自身が長年恐れていたことが現実のものとなったわけです。あらゆる基準で考えて見て、私は自分の知っている友人、知人の中で最もはげしく失敗した例となってしまいました。

私は失敗が愉しいと皆さんに言おうとしているのではありません。当時の私は自分の人生の中でとても暗い期間を過ごしていました。メディアが後日、シンデレラ・ストーリーのように書き立てる成功物語が自分にやってくるということは当然知らなかったし、このくらいトンネルがどれだけ続くのか見当もつきませんでした。そして長い間、トンネルの先にあるのは単に希望だけで、現実にはならなかったのです。

それではなぜ私が失敗の重要さを皆さんに説くかといえば、それは失敗は自分にとって大事じゃない物事の一切を取り去る効果があるからです。これだけ落ちぶれるともう体裁を取り繕うことはムダだし、自分にとって大事なコトだけに自分の持てる全てのエネルギーを注ぎ込む以外に無いと悟ったのです。若し私が少々でも成功していれば、自分が「わたしにはこれしかない」と思う分野で死力を尽して頑張ることもしなかったかも知れません。私は自由になったのです。なぜなら私が最も恐れていた不安が現実のものになったのだし、それでも自分は未だ生きており、自分の愛する娘と二人になれたし、自分にはオンボロのタイプライターとデッカイ構想がまだ残っていることに気付いたからです。

こうして「どん底」は私の強固な基礎となり、それを礎石として私は自分の人生の作り直しをはじめたというわけです。もちろん、皆さんは私のような大失敗はしないかも知れません。でも人生では少々の失敗はつきものです。失敗無しの人生を送る事は「失敗しちゃ、いけない」と臆病になって一切の冒険をしない生き方をする以外、不可能です。それに若しあなたが人生で一回も失敗しなかったのなら、それは臆病者の生きるに足らない人生を過ごしてしまった事を意味するわけですから、そんな人生はそれ自体、失敗だと言えるでしょう。

- J.K. ローリング




Market Hach http://markethack.net/archives/51802504.html#more
 
Share  |  |